これで後悔しない!論理的な中古車の選び方

その時の気分で中古車を買って後悔しないために

費用的に新車より魅力的なのが中古車ですが、その時の気分で買ってしまうと、後で後悔することになりかねません。憧れの車種を買ったけど4WDでなかったために悪路での走行が不安になってしまったりとか、好みの車種を買ったけど家族で使うにはやっぱり車内が狭かったりとか、うっかりと重要なことを忘れて、後で後悔してしまうこともあるのです。しかし逆に、ある程度の時間をかけて論理的に選べば、後悔のない中古車選びができます。そこでここでは、そんな中古車の選び方を紹介します。

優先順位を決めることが重要

重要なのは、優先順位を決めることです。費用を抑えるために中古車を買うのですから、まずは「予算いくらまで」というのが最優先事項でしょう。では次に、優先したいのはどんなことでしょうか。軽あるいはセダンであることでしょうか、特定の車種やカラーでしょうか、走行距離でしょうか、4WDあるいは2WD車であることでしょうか、カーナビやドライブレコーダーがついていることでしょうか。
これらは、人によって違います。しかし、自分にとって何が重要なのかを順位付けしておくことで、中古車選びはずっとうまくいくのです。

多くの販売店を巡る、優先順位の低いことは諦める

「予算いくらまでで、どういう車が欲しい」という考えがまとまったら、後は多くの販売店を巡りましょう。もちろんネットも活用しましょう。そして、決めた優先順位を、高い順にもっとも満たせる車が、買うべき車なのです。ここで重要なのは、優先順位の低い事項は思い切って諦めることです。すべてを満たすためにはお金を払うしかないのですから。
しかしそれでもこの方法でしたら、その時の気分で買うよりも、自分にとってずっと最適な中古車を買うことができるでしょう。

中古車を選ぶ際には、予算を決めてから購入することが重要です。その上で、走行距離や内装・外装の状態、タイヤの状態などをチェックした上で購入します。