ここを押さえておけば失敗しない!安心して購入するための中古車の選び方

年式と走行距離のバランスを考慮する

いくつかある中古車選びのチェックポイントで、最初に挙げるのが年式と走行距離です。年式とは車が販売された年を表す数字で、常に最新の物が購入できる新車にはない、様々な車を扱っている中古車ならではポイントと言えます。
走行距離は、文字通りその車が販売されてからその時点までに走ったトータルの距離です。走行距離が長ければ当然それだけ車が使われていると判断できます。一見すると年式が新しい方が新車に近く値段が高いイメージをもたれがちですが、実際はそんなことはありません。

車は消耗品のため、その時点から想定される寿命が価格に反映されます。例え年式が新しくても走行距離が多ければ価格は安くなり、逆に年式が古くてもあまり使われていなければ価格は高くなるのです。そのため、中古車を購入する時は走行距離に注目することが大切になります。

自分に必要な装備品だけを選ぶ

そして車選びで忘れてはいけないのがグレードと装備です。車はそれぞれの車種ごとにいくつかのランクが用意されていて、グレードという言葉で表現されます。外見は同じに見えても、グレードによってエンジン性能やインテリアに使われる素材など細かい部分に違いがあるのでしっかりと確認しておかなくてはいけません。
装備は言葉通りその車に備え付けられているオプションのことを言います。一口に装備品と言ってもいろいろな種類があって、中には屋根が開閉できるサンルーフや座席のリクライニング機能など後から変更できない物もあります。そのため、購入してから後悔をしないように、自分に必要な装備が備え付けられているかを見極めることが大切です。

ボルボを仙台で専門的に扱っている販売店では、生産数が少ない車種やボディのデザインにこだわりが見られるものを購入することができます。