超初心者のサックス入門、とりあえずこれだけ!

サックスの選び方と特徴

サックスという言葉を聞いて思い浮かぶのは、「カッコいい」が圧倒的に多いと言われています。例えば、「サックスを持って演奏する姿がカッコいい」、「サックスの音色がカッコいい」などです。そして、その人気から男女を問わず大人になってから習い始める方も多い楽器です。
でも、これからサックスを始めようと思っている人は、何を買えば良いのかわかりませんよね。ちなみに、御三家と言われているメーカーのサックスの値段は約40万円から60万円くらいです。次に最近、市場で存在感を出しているのが台湾メーカーで、こちらは約30万円からとなっています。3万円くらいからの激安サックスもありますが、長く使うには不安が伴うので、お勧めできません。
なお、サックスの特徴と言えば、運指機構に優れている点と、音色が高音部から低音部までバランス良く揃っている為に演奏が比較的容易なことです。また、木管楽器の柔らかさと金管楽器の鋭さと、双方を併せ持った独特の音色が、サックス最大の特徴と言えます。

メンテナンスの重要性とサックスの歴史

ところで、サックスは約600もの部品から構成されています。また、レザーの部品なども数多くあることから、経年劣化するものも多くあります。従って、定期的なメンテナンスは欠かせません。また、中古サックスの場合はしっかりメンテナンスがされていないと、後から思わぬ出費となります。
ちなみに、サックスは金属製の楽器ですが、オーボエやクラリネット、リコーダー、フルートなどと同じ「木管楽器」で、元々吹奏楽団における木管楽器と金管楽器の橋渡しを目的として1940年代に開発されました。

サックスを購入したいなら、中古品を扱っている店舗がおすすめです。安価で購入することができますので、お得感満載だからです。