交渉しよう!車検費用は頑張れば安くなる!?

車検費用は交渉によって安くできる

車検費用が高くて困ったというときには交渉してみるのは大切なことです。車検費用は法定費用として自動車重量税や自賠責保険料がかかりますが、車検の代行費用や整備にかかる費用については業者によって独自に算定されています。そのため、交渉によって車検費用を下げることは可能です。整備する内容についても業者に車を見てもらって見積もりを出してもらうのが原則なので、その内容から車検を通すのには不要なものを除外してもらえば車検費用は下がります。しかし、業者は整備項目を増やしてできるだけ多くの整備をした方がメリットがあるため、あまり交渉に応じないこともあるので気をつけましょう。どの項目を外しても構わないのかを調べてから交渉した方が業者を納得させられます。

予約をするのが基本なので注意

車検を行う業者の数は多いので、車を見てもらって見積もりを取って比較してみると安い業者が見つかるのではないかと考える人もいます。それは正しいのですが、基本的には車検は予約制で当日に車を点検して見積もりを出してもらうという形が一般的です。そのため、業者間で見積もりを比較するのはあまり簡単ではありません。点検してもらっただけで費用が発生する場合もあるので、結局は最初に依頼した業者に任せるのが最も安上がりになるということもよくあります。そのため、できるだけ事前に比較をして優良な業者を選び出すことが肝心です。明朗会計になっている業者ばかりではないので口コミによる情報収集も重要になります。

車検を軽自動車で申し込む先は別に軽自動車だからといって普通自動車と何ら変わりは有りません。費用は車両の年式による経年劣化により変わってきます。